藤沢の住宅(一戸建て)売却に必要なこととは?

藤沢住宅売却をこれからする予定のある人は、とにかく査定を早めにした方がいいです。私のようにモタモタしているといつまでも売れなくなって、急に会社からの配置転換があったりと大変な思いをすることになります。住宅価格は変動するといいますが、郊外の一戸建ては売るのが厳しい・・・なぜかについても書いています。

藤沢の築15年の中古住宅を売却!売値は買値の半値以下

藤沢市で購入した新築住宅を築15年の時点で売却した結果をもとに、このページを書いています。これから藤沢市、あるいは茅ヶ崎市や鎌倉市などで住宅を売却しようとしている人は参考にしてみてください。昔はどうだったかは分かりませんが、現在、中古住宅は非常に売れにくいということがあります。なるべくであれば、ローンが払い終わるまではその住宅に住み続けるのがベストだと思いますが、そうはいかない人は売却に結構苦戦してしまうことを想定しておきましょう。

購入時は3900万円した一軒家の住宅も、15年を過ぎた段階だと2000万円程度に値落ちしてしまいます。これから新築の住宅を購入する予定のある人は、もし売却することになった場合のことも、想定しておくのがいいでしょう。自分自身はローン残債が2200万円残ってしまっていたので、結局売却額に加えて、自分たちの自己資金を補てんする形での売却となりました。

不動産会社を介した売却には仲介手数料などもかかってくるため、300万円程度が手元資金から無くなってしまった形です。

もし売ろうとしている人。しかも、売らないといけない事情が発生してしまった人は、すぐにでも査定をするなどして行動に移すことをオススメします。長期戦であることを想定しておくにこしたことはありませんよ。

不動産会社をちゃんと選ぶのがカギ!

不動産会社を選び間違えると、安く売るという結果につながったり、いつまでも売れないという状況に陥ります。あなたが選ぶべきは、あなたの要望を聞いてくれて、希望額になるべく沿うように形で早くに購入してくれる顧客を見つけてきてくれる不動産会社です。

不動産のことなんて、よくわからないという人が多いので、中には自分たちの利益ばかり考える不動産会社が多いという実態もあるようです。(ちなみに私は、そんな不動産会社には見切りをつけ、やる気のある&要望を実現するのに動いてくれる不動産会社を選ぶようにしました。)

不動産会社は素人が住宅を売却するのに大切なパートナーであり、武器です。ここを間違えるか、間違えないかだけで数100万円の損害になってしまう可能性もあるので、十分に注意が必要です。

誰でも、新車が1台買える値段を、知らず知らずのうちに無くしてしまいたくはないですよね
Copyright (c) 2014 藤沢の住宅(一戸建て)売却に必要なこととは? All rights reserved.

メニュー